額を出すことで変わってくる顔の印象

平らな額を出すことのメリットは、女性らしい柔らかい輪郭を手に入れることができ、立体的な印象にすることができるという点があげられます。二重整形のように認知度はありませんが、二重整形や隆鼻術と同時に行うことで、より立体的で自然な顔を作り出すことができます。ただ、二重整形ほどメジャーな施術ではないため、額整形は症例数も多くなく、不慣れな医師もいますから、額整形を行う場合には、経験豊富な医師を選択することが大切です。額は、官禄ともいわれ、身分や地位を表し、人相上において非常に重要な部分とされています。額の形にコンプレックスを持っている人は、意外と多く、平坦で丸みがない、凸凹があるなどといった悩みを抱えている人が少なくありません。そういった場合には、額の整形を受けることで解消することができます。

おでこ整形で額を出すメリットとは

おでこ整形にはいくつかの方法がありますが、もっとも手軽な方法は、ヒアルロン酸注入です。人の顔の中で額というのは、頬と同じように広い部分といえますが、中には額が狭い人や広い人など、いろいろです。どんな悩みにでも対応できるのが、おでこ整形です。日本人の場合、平坦な額が多いため、額を出す手術が一般的です。ヒアルロン酸というのは、もともと体内にある成分なので、人体に害を及ぼすこと藻なく、自然に体内に入っていきます。また、注射で注入するだけと手軽に行えるというメリットがありますが、時間の経過とともに体内に吸収されてしまうため、定期的に注入する必要があるというデメリットがあります。ただ、プロテーゼなどを挿入する施術になると、100万円以上の費用がかかる場合もありますが、ヒアルロン酸なら10万円ほどの費用で行うことができます。

おでこ整形の種類とメリット、デメリット

おでこ整形には、手軽なヒアルロン酸注射以外にも、シリコンプロテーゼ挿入や前額骨セメントがあります。前額骨セメントとは、おでこに骨セメントを挿入して、丸みを出したり、前に出す整形手術で、額に凸凹があったり、平らなおでこに適しています。骨セメントのメリットは、ヒアルロン酸注入に比べると、長期的に効果を得ることができるという者がありますが、ただ、体への負担が大きく、難易度も高い手術といえます。また、毛髪に隠れて目立ちませんが、傷跡が残ってしまうというデメリットがあります。手術後のダウンタイムですが、個人差はありますが、2週間程度腫れが続きます。ただ、オーダーメイドで骨セメントを作成していくので、より自然で美しい額を手に入れることができるのが魅力となっています。

小顔をVライン下顎骨切りで施術される方が大勢いらっしゃいます。 最新の医療設備を整えお客様をお待ちしております。 2割から最大5割引き。 頬骨削り、エラ削り、中顔面短縮、アゴ短縮など、正面だけでなく横顔や斜めからも小顔にする美容外科手術。 各種手術や処置内容によって料金は変わってきます。 安心して施術を受けていただくために、大学病院などの手術室と同じ衛生環境レベルを維持しています。 額を出す整形手術をお考えの方はマックスファクス銀座クリニック

コメントは受け付けていません。